急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ Michael Jackson MICHAEL 発売になりました! ]
2010-12-15(Wed) 22:51:34


こんばんわー>ALL
マイケルのMICHAELが発売になりましたねーっ。

わたくしは昨日入手いたしまして、さっそくウォークマンに入れまして聞いております。
すべてが未収録曲ということで、なんだかとっても新鮮ですねー。
聞いたことのないマイケルの歌っていうのがとにかくフレッシュ!フレッシュ!
リズミカルな曲なんかはカッコいいし、最後の曲なんかは優しくてグゥですわ♪

しっかりと録音されている内容なので、かなりの完成度です。
本人も空の上でなかなか満足しているのではなかろうかと思っております。

まだまだたくさんこんな音源があるのであれば、小出しにたくさんアルバム出して欲しいですね。
そしたらずーっと先まで新曲が楽しめますよねー。

今回のアルバムも聞きたい気持ちと、
覚えてしまったら新曲じゃなくなってしまうから大事にとっておいて
あまりたくさん聞かないでおいたほうがいいような気持ちと、
とにかく嬉しいような切ないようなジレンマがございますですよ。

オフィシャルHPに1曲目、「Hold My Hand」のPVがアップされていましたので、
是非ごらんあれ♪↓



スポンサーサイト
MJの話TB : 0CM : 0
  [ Michael Jackson's 'MICHAEL' ]
2010-11-09(Tue) 17:01:42

こんつわー。>ALL
マイケルのニューアルバムのニュース、ご存知の方も多いかもしれませんが、
新曲がWEBで聴けますので、私も布教のため(笑)リンク貼っときます。

新しいアルバムは、「MICHAEL」。噂によりますと、オール新曲らしいですね。
公表していない曲なんて、たーーーーくさんあると思いますけど、
とにもかくにも、最近の歌声が聞けるなんてうれしいですね。(2007年の音源らしいですよ。)
ぜひみなさんも注目してくださいねー!

BREAKING NEWS

 More...
MJの話TB : 0CM : 0
  [ Michael Jackson The Immortal World Tour ]
2010-11-04(Thu) 17:03:41

こんばんわ。>ALL
今日なにげなくMJのオフィシャルサイトを見ていましたら、
なんとMJをイメージしたワールドツアーを来年シルクドソレイユが行うとのこと。
今みる限り、日本では行わずアメリカとカナダでのみの公演のようですが、
ぜひ見てみたい!
(ちなみにImmortalとは、不死の人、名声不朽の人という意味らしいです。つまり不滅の、ということですね。)

HPのフォトをみたり、予告を見たりするととても興味が湧きます!
でもアメリカにいくのはちょっとねぇ・・。日本に来てくれれば行くのに!!
日本のZEDとかで限定公演とかやってくれませんかねぇ。
そしたらついでに「キャプテンEO」も見に行くのに・・・(激しく妄想)。

シルクドソレイユがやったらかなりすごい公演になりそう!
歌わなくていいからすごい踊り、特に群舞なんかをみてみたいですなぁ(再び妄想)・・。

予告をぜひご覧くださいな!↓




MJの話TB : 0CM : 0
  [ イベントにこっそり行ってきましたよ。 ]
2010-01-27(Wed) 21:17:34

こんにちは。>ALL
たまたまお休みだったのですが、
今日はマイケルジャクソンの映画THIS IS ITのブルーレイ・DVDの公式の発売日だったわけで。

MJ好きのお友達から、
「ツアーに参加する予定だったギタリストの女性、今日東京でギタープレイするらしいよ」と
情報をいただいたもんですから、行き当たりばったりで会場へ行ってみましたよ。

だがしかし私は寝坊してしまったので、到着したときにはすでに整理券は終了・・。
やっぱりマイケルファンは平日であっても関係なく東京にいらっしゃって、
そういうとこへ来られるんですねー(笑)。脱帽っす。

まぁ仕方なく、イベント会場付近の物販売り場に行ったわけですよ。
そしたらアメリカ版の映画のパンフがあったのでついつい手にとってレジへ・・。
そしたらレジもすごい込み合い状況。おそらく購入だけで45分くらい並んでいたと思いますが、
イベント会場付近の物販だったこともあり、かろうじて音が少し聞こえていまして、
レジに並びながら、ギタープレイを聞きました。「うぃぃ~~~ん!」と言わしていましたよ。
「Black&White」の最初の「うぃぃ~~ん」でしたけども、
そこでレジの順番が来て購入後に立ち止まったら「通路には立ち止まらないでくださ~~~~い」という
スタッフさんの声を聞いてそそくさと退散・・・。
けっきょくその前にあった、除幕式(マイケルの等身大の蝋人形が来ていて、その公開です。)を
すっごい遠くから鑑賞したくらいで終了でしたが、パンフが手に入ったのでちょっとうれしかったです。

さきほどまで英語の頭を掘り起こして「うぬぬぅ~~~」と英語のパンフを読んでいました。
「彼が何をやってきたのか。どんなプロセスでコンサートを作り上げるかを見せることができた。」
みたいなことが書いてありました。またゆっくり読み返したいと思いますが。

ところで、私はTHIS IS ITはブルーレイを購入しましたが、
まぁ驚きましたよ。画質めちゃめちゃ綺麗ですよ。音もいいし。高いだけありますなぁ。
もっと普及すればいいのに。そしたら単価も安くなるのになーと思いました。
PS3に入れますと、壁紙ももらえちゃうお得なブルーレイ。さすがSONY。

映画とか特典映像とかを見返して思ったのですが、
やっぱりマイケルさんって神様の使いみたいな人だったのかなって思いました。
ツアーのスタッフの皆さんのコメントを聞くと「謙虚で、常に愛にあふれた人だった」って
みんな口を揃えて言っていました。
彼が周りに才能を分け与えて、周りが彼の才能にすごく影響を受けて、
それで全員へ高みへ到達しようとする。

自分は仕事仲間に愛するように接しているか、周りの人に愛を振りまいているかと振り返っても
「YES」という答えではないのが正直なところです。
まぁ、人間ですからいつもニコニコはしていられないですけど、
思い通りに行かなかったら感情をあらわにして怒ったり、
結構トゲのある言い方しちゃうとか、失礼なこと言い放っているかなとか思うと、
改めてマイケルさんは偉大だなーと思います。

六本木ヒルズでマイケルさんのインタビューの音声が聞ける無料イベントをやっているんですけど、
そこでは「僕は天使じゃない」って言ってました。
けど映画の特典の中では「人にはそれぞれ使命がある」って言ってました。
彼は使命を全うしたと思います。人が見たことない、聞いたことないものをたくさん与えてくれたと思います。
天使じゃないかもしれないけど、神様がみんなに与えてくれた宝物だったことは間違いないんじゃないかと思います。

彼の音楽はずっと歴史に残ります。私の中では生きていた頃の思い出がちゃんとあります。
「こんな人が昔はいたんだよー。すごいでしょー。ドームもコンサート行ったのよー。」って
ずっと自慢したいと思いますよ。
・・あれ。これって傲慢ですか・・・?私はやっぱり天使じゃないみたいですね・・(汗)。

あ、すっごい遠くから勇気のない私が撮った画質の悪い蝋人形のお写真をどうぞ・・。
だってすっごい混んでいたんですよ!!勇気出ませんでした・・・。
別の空いている日にまた見に行きます・・。
なんか、マイケルのモノマネの人(?)なんか一緒に写っていますけど、
マイコーリョウさんでもないし、ブルーツリーさんでもないようでしたが、誰・・・??
あ、ちなみに人形は帽子かぶっているほうです。帽子かぶってない人は一体・・(??)

this_is_00.jpg


MJの話TB : 0CM : 0
  [ 更新せずにおりました。 ]
2009-11-29(Sun) 10:49:56


こんにちは。>ALL
えー、MJの映画の公開も終了いたしましたので、やっと更新することにいたしました。
基本的に最新の記事が一番上に来るようにしているもんですから、
新しい記事を書くと、映画の感想が下に行ってしまうので、
わざと更新せずにおりました。

今度はDVDやBlu-Rayが楽しみですが、1月だそうですね。
絶対買いたいですわー。実はこの下の記事の映画の感想の後、
もう1回映画を見に行きました。やっぱ泣いちゃいましたわー。
「もう、構成がうまいんだからーー」とほめたいです。

きっとMJご本人から言わせれば「どうしてこんなに未完成なものを見せるんだい?
僕のライブが台無しじゃないか。もっとパーフェクトなライブを見せられたのに。」なんて
言ってそうですが、ご本人は完璧を求めていて、ファンもそれを求めていたかもしれませんが、
私にとっては人間らしいかわいらしさとか、
その完璧への意欲などをもっと露出してもよかったんじゃないかと映画を見て改めて思いました。

ご本人が言うように「ファンは現実世界からかけ離れたものを求める」ということは
もちろんだと思います。だって、ディズニーランドみたいな夢の国ってみんな好きだと思うんです。
だから彼はそれをファンに見せてあげるために、プライベートをあまり露出していなかったんだと
思うのですが、それは彼にとって実は結構重荷だったんじゃないかなと思っています。

いずれにしても、追悼式の時にお兄さん(ジャーメインさん)が言っていましたが、
「彼はこれで自由になれた」という言葉が今のマイケルにはぴったり来ていると思います。
それを聞いたとき、死を認めるようで悲しかったですが、共感しました。

マイケルはいろんな意味でfreeになれたんじゃないかと思います。
年齢的なこと、肉体的なこと、音楽的なこと、プライベートなこと。
街を自由に歩くことができない。どこへ行っても人だかり。
自由な表現や行動をどんなことでも批判されて、最後にはファンに裏切られたり。
そんなわだかまりから開放されたんだと思います。

まだまだ「マイケルフィーバー」は続くと思いますが、思いっきり波に乗りたいと思います(笑)。


MJの話TB : 0CM : 0

copyright © 2017 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。