急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 渋谷に行ってきました。 ]
2009-09-20(Sun) 11:49:12

こんにちは。>ALL

昨日はMJのショップを見に渋谷へ行ってきました。
やっぱり渋谷は、銀座などと違っていて歩きにくいなーと感じましたねー。
統制が図れていないというか、まぁいろんな人がいますからね、なんともいえませんけどね。

とにかく人ごみのなか、パルコへ行ってきたわけですよ。
すごい小さいショップですが、マイケルジャクソンのグッズを販売するお店です。
どうやら10月からまたお店が大きくなるそうです。

ちまたではマイケルジャクソンさんが亡くなったことによってグッズが売られたり、
CDやDVDが売れることを「マイケルジャクソンフィーバー」と言うらしいですが、
そのフィーバーに乗っている自分がなんか悔しいところではありますが、
それにしたって今までMJの情報とかが少なかったこともあるし、
音楽活動がなかなか活発でなかったことから、今のように簡単に情報が手に入ったり、
メディアが伝えたりということがここ数年少なかったんですよね。
報道があっても裁判の情報ばかりだったり・・。
そういう意味ではファンとしては喜ばしい限りですが、
逆に露出が多いとグッズが買いにくかったりするので、
内心は早くフィーバーが納まらないかと思っている次第です(笑)。

渋谷のお店がオープンしてから来訪は2回目でしたが、高いTシャツを買ってしまいました(汗)。
でもすごいかわいいTシャツだったので、つい・・。むふふ(笑)。

たまたま渋谷に行った日がH&Mのオープン日だったので、
ついでに覗いたのですが、残念ながら自分のセンスにピンと来るものはありませんでした。
かばんなんかはお得だなーとは思いましたが、何も購入せずに終了。
銀座の方には行ったことがないので今度はそこへも行ってみたいですな。
スポンサーサイト
MJの話TB : 0CM : 0
  [ 敬意を表して。 ]
2009-09-17(Thu) 17:37:02

こんつわ。>ALL

はー(ため息)。
いままでかかってやっとブログの枠なんかの設定が終わりましたよ。
もう9月ですから秋っぽくと思ったのと、
マイケルジャクソンの公式HPでブログパーツを見つけましたので、
私のブログにも敬意を表し、また、追悼の意を込めましてパーツを付与させていただきました。

私はHTMLとかCSSとかはあまり詳しくないのですが、
右にあったものを左に、幅をちょっとだけ変えて・・・と、
マニュアルとにらめっこしまして、見よう見まねでやってみましたが、
すごいたいへんですね。気づいたら日が暮れそうです(汗)。

パーツには「彼の音楽は永遠に生き続けるだろう。」とあります。・・うーん感慨深い。
ご存知の方も多いかもしれませんが、
10月に、幻となったイギリスでのコンサートリハーサル風景等々の
映画が2週間限定で放映されるんですよね。

その予告編が確認できますので、ぜひぜひブログパーツをクリック、クリック!
また代表的な曲が3曲ほどフルで聞けますので、よかったら聞いていってくださいな。

私が最近思うことはメディアって本当にその場の思惑で動いてるなって感じてまして、
もし、マイケルが死ななかったとして、回復したとしても
それについて彼を追及したりして、彼を追い掛け回すでしょう。
死んだ時だけいいように報道していますが、
ここ数年のスキャンダルの心無い報道によって
彼はどれだけ心をかき回されたのかと思うと、本当に残念です。
それによって眠れない日があったり、
奇異な行動に走った部分もあったのではないかと思うのです。

とにかく早くマスコミからマイケルを開放してあげたい気持ちでいっぱいです。
死んでからも追いかけ回されたくないんじゃないかと思いますからね・・・。

MJの話TB : 0CM : 0
  [ 久々に傑作!(南極料理人) ]
2009-09-02(Wed) 22:48:48

こんばんわー>ALL
ご無沙汰しております。

さて、さっそくですが、本日、「南極料理人」を見てきました。
MJのショップが渋谷にオープンしたということなので、
それを見つつ、今日は1000円で見れるってことなので、渋谷で見てきましたよ。
(ちなみにその映画館は水曜であれば男女問わず1000円でしたよ。)

あのー、この作品はですね、とっても心があったまる作品ですよ。
お料理がおいしそうなのはもちろん、人のあったかさっていうか、
「日常って同じことの繰り返しだけど、やっぱり幸せなこと、楽しいことってあるよね」って
思わせてくれる作品です。

料理人がテーマなんですけど、なによりもそれぞれ登場人物のキャラが濃くって
それぞれがいい感じに融合しているって感じ。

時折、閉塞感を感じて何もない雪原に飛び出しちゃったりするんですけど、
どこに行ったって何もない。ここから脱出できないからこそ、みんな結束して生きている。
日常に小さいイベントを自分たちで作り出しては楽しむ。
それって、世界のどこにいても生活するってそういうことですよね。

なかなか言葉で表すのが難しいけれど、なによりみんなに見てもらいたい。
それで「同じ釜の飯を食べられるって幸せなことで、
そして食事することのうれしさを再確認して欲しい。」と思います。
もっちゃんにとっては久々にヒット作品。声を出して笑わずにはいられないけど、
ちょっぴり泣けるバランスの取れた傑作です。

かもめ食堂に続き、またまたおにぎりを握りたくなる作品でした。

映画の話TB : 0CM : 0

copyright © 2009 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。