急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 更新せずにおりました。 ]
2009-11-29(Sun) 10:49:56


こんにちは。>ALL
えー、MJの映画の公開も終了いたしましたので、やっと更新することにいたしました。
基本的に最新の記事が一番上に来るようにしているもんですから、
新しい記事を書くと、映画の感想が下に行ってしまうので、
わざと更新せずにおりました。

今度はDVDやBlu-Rayが楽しみですが、1月だそうですね。
絶対買いたいですわー。実はこの下の記事の映画の感想の後、
もう1回映画を見に行きました。やっぱ泣いちゃいましたわー。
「もう、構成がうまいんだからーー」とほめたいです。

きっとMJご本人から言わせれば「どうしてこんなに未完成なものを見せるんだい?
僕のライブが台無しじゃないか。もっとパーフェクトなライブを見せられたのに。」なんて
言ってそうですが、ご本人は完璧を求めていて、ファンもそれを求めていたかもしれませんが、
私にとっては人間らしいかわいらしさとか、
その完璧への意欲などをもっと露出してもよかったんじゃないかと映画を見て改めて思いました。

ご本人が言うように「ファンは現実世界からかけ離れたものを求める」ということは
もちろんだと思います。だって、ディズニーランドみたいな夢の国ってみんな好きだと思うんです。
だから彼はそれをファンに見せてあげるために、プライベートをあまり露出していなかったんだと
思うのですが、それは彼にとって実は結構重荷だったんじゃないかなと思っています。

いずれにしても、追悼式の時にお兄さん(ジャーメインさん)が言っていましたが、
「彼はこれで自由になれた」という言葉が今のマイケルにはぴったり来ていると思います。
それを聞いたとき、死を認めるようで悲しかったですが、共感しました。

マイケルはいろんな意味でfreeになれたんじゃないかと思います。
年齢的なこと、肉体的なこと、音楽的なこと、プライベートなこと。
街を自由に歩くことができない。どこへ行っても人だかり。
自由な表現や行動をどんなことでも批判されて、最後にはファンに裏切られたり。
そんなわだかまりから開放されたんだと思います。

まだまだ「マイケルフィーバー」は続くと思いますが、思いっきり波に乗りたいと思います(笑)。


スポンサーサイト
MJの話TB : 0CM : 0

copyright © 2009 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。