急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ イベントにこっそり行ってきましたよ。 ]
2010-01-27(Wed) 21:17:34

こんにちは。>ALL
たまたまお休みだったのですが、
今日はマイケルジャクソンの映画THIS IS ITのブルーレイ・DVDの公式の発売日だったわけで。

MJ好きのお友達から、
「ツアーに参加する予定だったギタリストの女性、今日東京でギタープレイするらしいよ」と
情報をいただいたもんですから、行き当たりばったりで会場へ行ってみましたよ。

だがしかし私は寝坊してしまったので、到着したときにはすでに整理券は終了・・。
やっぱりマイケルファンは平日であっても関係なく東京にいらっしゃって、
そういうとこへ来られるんですねー(笑)。脱帽っす。

まぁ仕方なく、イベント会場付近の物販売り場に行ったわけですよ。
そしたらアメリカ版の映画のパンフがあったのでついつい手にとってレジへ・・。
そしたらレジもすごい込み合い状況。おそらく購入だけで45分くらい並んでいたと思いますが、
イベント会場付近の物販だったこともあり、かろうじて音が少し聞こえていまして、
レジに並びながら、ギタープレイを聞きました。「うぃぃ~~~ん!」と言わしていましたよ。
「Black&White」の最初の「うぃぃ~~ん」でしたけども、
そこでレジの順番が来て購入後に立ち止まったら「通路には立ち止まらないでくださ~~~~い」という
スタッフさんの声を聞いてそそくさと退散・・・。
けっきょくその前にあった、除幕式(マイケルの等身大の蝋人形が来ていて、その公開です。)を
すっごい遠くから鑑賞したくらいで終了でしたが、パンフが手に入ったのでちょっとうれしかったです。

さきほどまで英語の頭を掘り起こして「うぬぬぅ~~~」と英語のパンフを読んでいました。
「彼が何をやってきたのか。どんなプロセスでコンサートを作り上げるかを見せることができた。」
みたいなことが書いてありました。またゆっくり読み返したいと思いますが。

ところで、私はTHIS IS ITはブルーレイを購入しましたが、
まぁ驚きましたよ。画質めちゃめちゃ綺麗ですよ。音もいいし。高いだけありますなぁ。
もっと普及すればいいのに。そしたら単価も安くなるのになーと思いました。
PS3に入れますと、壁紙ももらえちゃうお得なブルーレイ。さすがSONY。

映画とか特典映像とかを見返して思ったのですが、
やっぱりマイケルさんって神様の使いみたいな人だったのかなって思いました。
ツアーのスタッフの皆さんのコメントを聞くと「謙虚で、常に愛にあふれた人だった」って
みんな口を揃えて言っていました。
彼が周りに才能を分け与えて、周りが彼の才能にすごく影響を受けて、
それで全員へ高みへ到達しようとする。

自分は仕事仲間に愛するように接しているか、周りの人に愛を振りまいているかと振り返っても
「YES」という答えではないのが正直なところです。
まぁ、人間ですからいつもニコニコはしていられないですけど、
思い通りに行かなかったら感情をあらわにして怒ったり、
結構トゲのある言い方しちゃうとか、失礼なこと言い放っているかなとか思うと、
改めてマイケルさんは偉大だなーと思います。

六本木ヒルズでマイケルさんのインタビューの音声が聞ける無料イベントをやっているんですけど、
そこでは「僕は天使じゃない」って言ってました。
けど映画の特典の中では「人にはそれぞれ使命がある」って言ってました。
彼は使命を全うしたと思います。人が見たことない、聞いたことないものをたくさん与えてくれたと思います。
天使じゃないかもしれないけど、神様がみんなに与えてくれた宝物だったことは間違いないんじゃないかと思います。

彼の音楽はずっと歴史に残ります。私の中では生きていた頃の思い出がちゃんとあります。
「こんな人が昔はいたんだよー。すごいでしょー。ドームもコンサート行ったのよー。」って
ずっと自慢したいと思いますよ。
・・あれ。これって傲慢ですか・・・?私はやっぱり天使じゃないみたいですね・・(汗)。

あ、すっごい遠くから勇気のない私が撮った画質の悪い蝋人形のお写真をどうぞ・・。
だってすっごい混んでいたんですよ!!勇気出ませんでした・・・。
別の空いている日にまた見に行きます・・。
なんか、マイケルのモノマネの人(?)なんか一緒に写っていますけど、
マイコーリョウさんでもないし、ブルーツリーさんでもないようでしたが、誰・・・??
あ、ちなみに人形は帽子かぶっているほうです。帽子かぶってない人は一体・・(??)

this_is_00.jpg


スポンサーサイト
MJの話TB : 0CM : 0
  [ AVATAR見てきました。 ]
2010-01-10(Sun) 16:33:08

こんにちは。>ALL

今年最初のブログになります。
あけましておめでとうございます。(もう七草も過ぎたっちゅーねん。)
本年も細々とやっていきますのでよろしくお願いいたします。

さてさて、のだめに続き、AVATARを見てきました。
しかもお高い、一般料金の「3D」で見てきましたよ。
あー、高い。映画って高いですよねー。料金。しかも3Dは300円アップ!!
まぁ、それはいいとして。

映画を見た感想は素直なとこでいきますけど、「すごい」。
なんつーか、映像とか人をキャプチャーしたエイリアンちっくなクリーチャーっていうんですか、
あの青い人。そのリアルさに驚き。顔のしわまでリアル。気持ち悪いくらいなリアルさですよ。
こんなところまで映像技術は来ているのかっ!と驚かされました。

地球人に「パンドラ」と名づけられている惑星の世界の映像がすごいですぞ。
公式HPによりますと、地球から4.4光年離れていまして、地球からの移動に6年近くかかるという想定で、
なんかその惑星は原始時代みたいで、地球にはいないけど、似たような生物がいっぱいおりまして、
そこに居住している「ナヴィ」という人間の形に似た高等生物が独自の文化を作って生活を営んでいるわけですよ。
(あのCMとかでよく見る青い人です。)

人間はパンドラにある鉱石が欲しくって、なんとかナヴィの理解を得たいわけです。
そこで、人間とナヴィを掛け合わせた「アバター」という生き物みたいなものを作りまして、
人間の脳と「アバター」を「リンク」させることで「アバター」を操作して、
ナヴィと同じ体になって、鉱石をゲットすべくナヴィに理解を得ようと、そういったことですよ。
(操作っていうか「憑依」に似たものでしょうな。こっちの体からあっちの体へ行くわけです。)

まぁ、そういうのを見ていると、人間はいかに愚かかと。そういうことも描いているようですね。
わざわざ他の星に行ってまで鉱物欲しいですかとつっこみたいですが、
それは映画。エンターテイメントとして楽しんでいただきたいです。

ストーリー的には「おいおい、いいんですか。ジェイクさん(主人公)、そんなことで・・」
みたいに突っ込みたいところがたくさんありますが、
とりあえず戦闘シーンだとか、大自然のシーンだとかが素晴らしい。
3Dで見ているもんですから、奥行きなんかも感じるし、
すごい手前になにやら機械があるように見えたり、気分はまるで「キャプテンEO」!!(笑)
少し長い映画ですが、楽しみながら見ることができました。

一緒に見に行ったP氏は素直で「青いやつが最後までどうしても気持ち悪い」との感想で、
「異人とのフォーリンラブってどうなの。」的な感想でした。わかるわかる。同感。
そういうのって、いろんな意味で気持ち悪いわなー。
まぁ、そのへんを取っ払えば楽しい映画ですよ。

なんか褒めてるんだかけなしているんだか、よくわからない感想ですが、
私は素直に「アメリカンエンターテイメントの極致!ハリウッドの技術集結!」と褒めたいと思います。
あ、それから字幕は天下の「戸田奈津子」さんですから、安心して字幕も見れますぞっ。

なんかブログの本文からはみ出ちゃいますけど、英語版の予告をどうぞ。↓
(日本語版はSHAREがありませんでしたので・・・。)


Official Avatar Movie

映画の話TB : 0CM : 0

copyright © 2010 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。