急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ のだめ月間! ]
2010-04-26(Mon) 17:34:53

こんにちは。>ALL
今日はのだめカンタービレの話題を。

以前に何度かブログに残しておりますが、わたくしはのだめカンタービレのファンでございまして、
のだめオーケストラの公演を何度か聴きにいっておるわけです。

今回は映画も最終楽章、フィナーレということでオーケストラコンサートもフィナーレ。
数ヶ月前からチケットを取ってその日を待ちわびていたのです。

当日は夜の公演だったので有休を取っていたわたくしは、午前中から映画館へ。
12月に見た「のだめカンタービレ最終楽章・前編」がなんと500円で見られるというので、
イソイソと見に行ったわけです。

なんだかわからないのですが、この映画を見ていると涙がこみ上げてくるのです。
楽器を一生懸命練習するシーンや、みんなが一体になって演奏するシーン。

昔自分がピアノを一生懸命練習したり、合唱団で歌の練習をしたり、
演奏会でたくさんの人から拍手をもらったことを思い出して、それと重ねて見ているようです。
(合唱団の演奏会に参加したときに一回だけブラボー!をもらったことがあります。あれは感激です(涙))

そして圧倒的なクラシックサウンド。やっぱり映画館で見るのっていいですよね。
重低音、サラウンドが最高で、CDで聞くよりずっといいですよね。

そしてその余韻を残した状態で、日本武道館へ向かい、生のコンサートを聞きました。
玉木宏さんも上野樹里さんも登場してとってもお得感いっぱいのコンサートでした♪
やっぱり、「1812年」はすごくよかったです。んかっこいいっ!!惚れ惚れしますわな~。
妹と一緒に見に行ったのですが、妹はバイオリンを少し演奏するので「1812年」を演奏したことが
過去にあるそうで、「あれ、すごい難しいんだよー・・・」といっていましたので、
あれはボレロに引き続き、意外とオケメンバー泣かせの曲のようですね。
でもとてもよかったです。心に残る1曲です。

現在映画館では「のだめカンタービレ最終楽章後編」の公開中。
すでに後編の映画も拝見しましたが、後編はさらに心理面を表現した内容になっていて、
のだめちゃんの悔しさとか、うれしさとかすごく心に伝わってきてこれまた号泣・・・。
前編・後編、共に満足できる映画ですよーー。

スポンサーサイト
のだめカンタービレの話TB : 0CM : 0

copyright © 2010 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。