急いで回り道。

  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ コブクロのお休みの話 ]
2011-09-10(Sat) 11:52:55

こんにちは。>ALL

今日はコブクロの話題を。
先日テレビで報道されておりましたが、コブクロさんの休養のお話。

このブログには残しませんでしたが、
今年も武道館のライブ、行ってきました。

相変わらず私の母と母のお友達はすっかりマダムではありますが、曲が始まるとノリノリ♪
母のお友達なんて「腰に針が入っているのよー。昨日まで行こうかどうしようかめげていたの・・」なんて
言っていたのに、このノリは何だっ!?というほど態度が女子でした(笑)。

最初に歌った「焚き火」という歌だったと思いますが、震災後に作った曲らしく、
とっても優しい感じの曲で確か、「みんなで分け合えば悲しみも小さく小さくなっていく」
みたいな歌詞がよかったのですよ。お二人の後ろのスクリーンにはちりちりと燃える焚き火の映像。
今の日本人の気持ちを歌っているようでした。

ライブ後、母のお友達は「行ってよかった♪めげいていた昨日の私はなんだったのかしら♪」
なんて言って、ライブ以降ずいぶんと元気になったそうです(笑)。

でも、オフィシャルのHPにも記載がありましたが、ファンの人はたぶん気づいていたと思います。
お二人の声の調子があまり良くないこと。
テレビでの出演もそうですし、ライブでも「あの太陽が、この世界を照らし続けるように」を歌うまで、
喉をセーブしているような感じが見て取れました。
今回私が行ったライブでもマイクなしのアカペラがありませんでした。
いつも楽しみだったのにおかしいなと思っていました。

お二人はあれだけストイックに音楽を追求して、
小渕さんは持てる限りの音域を使ってヴォーカルとコーラスをやり、
黒田さんはマイクから離しても会場全体に聞こえる音量で曲を表現をしていましたので、
休みなく活動していれば、疲れも出るはずです。

昔、渡辺美里さんも喉を壊して千葉のライブが一時中止になったことがありました。
後日、振替の渋谷公会堂のライブで生声が聞こえるくらい近くで演奏を聞くことができましたが、
渡辺美里さんのテレビでのコメントを聞くところによると、
「お休み期間の間、音楽を聴くこともできませんでした。
音楽を聴くと、歌わなくても自然と喉が動いてしまうから医者から止められていました。
電話で人と話すこともほとんどできず、声を出せないということ、音楽が聴けないことは
アーティストにとってとても辛い経験でしたが、逆に良い経験にもなりました。」
というようなことをおっしゃっていたのを思い出しました。

デビューからずっと走ってきたお二人は少し立ち止まって
お休みしても良いと思います。曲もたーくさん書いて下さっていますので、
しばらくの間、ファンは新曲を聞かなくても大丈夫だと思っています。

お二人にはご家庭もありますから、たまにはお子さんと奥さんとゆっくりして
ライブツアーじゃない旅行にも行ってみたら楽しいかもしれませんしね。
また歌の歌詞になるような出来事をご家庭で集めて戻ってきて欲しいです

同世代として、ずっと応援しておりますゆえ、
お二人のお帰りをゆっくり、のんびりとお待ち申し上げておりますですよ♪

音楽の話TB : 0CM : 0
オーディオブックについて。HOMEマクベス 大阪公演 明日は中止だそうです。

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moccyan.blog46.fc2.com/tb.php/200-f813e6d6



copyright © 2017 急いで回り道。. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。